イメージ画像
イメージ画像

User's voice

ユーザーズボイス

ホーム | ユーザーズボイス | 全国有数の大豆の栽培面積を誇る生産法人の除草剤使用方法

岩手県北上市 株式会社 西部開発農産様

全国有数の栽培面積を誇る生産法人の除草剤使用方法

主な栽培作物

水稲 大豆 小麦 蕎麦

岩手県北上市で広大な耕作面積を所有する西部開発農産。水稲、畑作を中心に栽培するほか、畜産、レストランの経営など、様々な事業を手掛け、今全国から注目を集める生産法人です。大豆の雑草管理は「除草剤の散布タイミングが大事」と言う清水一孝部長に、お話を伺いました。

全国有数の耕地面積

清水一孝部長。同社には現在108名の従業員が在籍している。 岩手県の内陸中部に位置する北上市で、昭和61年に設立された西部開発農産。郷土の土地を守るために、離農者の土地はできるだけ引き受け、今では耕地面積が1000haに迫る国内有数の生産農人です。水稲、大豆、小麦、蕎麦を基幹作物とし、は種から収穫後の乾燥調製、低温貯蔵まで一貫した機械化体系で生産しています。また、作物栽培と並行して畜産事業の経営や、近年では直営レストランをオープン。多角経営を推し進めていますが、農産生産部の清水一孝部長は「経営方針は設立当初から変わらない」と話します。「第一は安全な農産物をお客様に届けることです。もう一つは、従業員が安全に作業できる環境を整備すること。そのことが高品質な農産物の栽培にもつながります」と力を込めます。

こだわりの土壌処理除草剤の散布タイミング

生育状況を確認。コロナの状況下を踏まえ、今年は加工に回せる大豆の面積を増やしたとのこと。 今年、西部開発では大豆だけで320haを栽培。それだけの面積を順調に管理するため、雑草防除にもこだわります。「土壌処理剤は作物が発芽する直前の散布を心がけています。特に4月から5月は、は種から発芽までとても時間がかかり、土壌処理剤のタイミングを逃すと発芽までに効果が切れてしまいます。なので、発芽までの日数はどれくらいか、は種後の積算温度等も気にかけています」と話します。現在、土壌処理剤ではプロールプラス乳剤を使用。「有効成分数が多く、効果が高い」と、信頼を寄せているご様子です。それでも天候不順等で土壌処理剤の散布スケジュールが予定通りにいかない年もあり、「その場合、ツユクサ、ワルナスビ、アレチウリなどの雑草が問題になる」と言います。そこで、西部開発では大豆の出芽後にパワーガイザー液剤の散布を取り入れました。「雑草の生育初期のタイミングで散布できるのがいいですね、問題雑草にも効果があり、手取り除草が減りました」と、効果を実感しています。

機械化の徹底で生産性の向上を促進

取材日の大豆畑ではドローンでの防除を実施。 今後の目標に清水部長は「徹底した機械化」を挙げます。「水稲でも色彩選別機を導入してから、カメムシ防除を減らしました。機械化で省ける作業を減らし、その分必要なところに労力を回したい」と、常に効率化を意識して仕事に取り組んでいます。「今、病害虫の防除のほとんどはドローン散布です。効果はもちろんですが、殺虫・殺菌剤は無人航空機散布の登録があるものを選定しています。限られた時間と人員の中で、生産性の向上が喫緊の課題です」。この他にも、スマート農業の導入による圃場図面の電子化や作業実績記帳のICT化、GPSを活用した自動操舵付き農機の試用などを実施。次々と新しい技術を取り入れ、規模拡大を進める西部開発の取り組みに、これからも目が離せません。

自慢の一品

焼肉DINING まるぎゅう

株式会社 西部開発農産様

焼肉DINING まるぎゅう

地場産のブランド黒毛和牛の「きたかみ牛」をはじめ、銀河のしずく、野菜、小麦、蕎麦など自社農場の生産物を使用。味噌汁に使う味噌は、自社産の「ひまわり味噌」を使用しています。

・焼肉DINING まるぎゅうのHPはこちらをクリック!

・お米番付優秀金賞受賞のせいぶ農産米を買える公式ネットショップはこちらをクリック!

株式会社 西部開発農産様の除草剤散布体系

除草散布体画像

株式会社 西部開発農産様の圃場での問題雑草

<u>ツユクサ</u> ツユクサ

アレチウリ アレチウリ

ワルナスビ ワルナスビ