イメージ画像
イメージ画像

Soy Channel

大豆畑の主な雑草

大豆畑の主な雑草

イヌタデ

科:タデ科

分布:全国

生活史:一年生

繁殖:種子

芽生え

子葉は卵型。やや厚みがあり無毛。葉の基部はくさび型、表面は無毛でつやがある。

生育期

葉は互生し、広披針形。中央に黒い斑紋を生じることが多い。茎は紅紫色で、地際で分枝して地面を這い、節から発根して生育する。

成植物

茎の上部は斜上、直立する。茎先から花穂を出す。

花穂

長さ3~5㎝。赤紫色の花が密集する。

早春から秋まで長期間にかけて出芽する。

秋の草として知られるが、開花は初夏から晩秋まで長い。

BASFの大豆除草剤 殺草スペクトラム

この雑草への効果

◎:極大

〇:大

△:中

×:なし

この雑草へのおすすめの防除体系

散布薬剤についての解説はこちら