イメージ画像
イメージ画像

Soy Channel

大豆畑の主な雑草

ホーム | 大豆畑の主な雑草 | スカシタゴボウ

大豆畑の主な雑草

スカシタゴボウ

科:アブラナ科

分布:全国

生活史:一年生

繁殖:種子

幼植物

第1葉は広卵形で、第3、4葉から縁の切れ込みが目立つようになる。葉柄、葉脈は紫褐色を帯びる。






生育期

根生葉は深く羽状に裂ける。頂裂片が大きく、裂片の先は円みがある。

開花期

茎に毛はなく、上部で分枝する。茎上部に黄色の花を多数つける。

花序

花弁は4枚。黄色いヘラ形で長さ約3mm。果実の長さは5~7mm。長楕円形でやや湾曲している。




種子繁殖だが、耕起の際に切断された根の断片からも萌芽する。

BASFの大豆除草剤 殺草スペクトラム

この雑草への効果

◎:極大

〇:大

△:中

×:なし

この雑草へのおすすめの防除体系

散布薬剤についての解説はこちら