イメージ画像
イメージ画像

Soy Channel

大豆畑の主な雑草

ホーム | 大豆畑の主な雑草 | ヒロハフウリンホオズキ

大豆畑の主な雑草

ヒロハフウリンホオズキ

科:ナス科

分布:本州以南

生活史:一年生

繁殖:種子

幼植物

葉は互生で、先端は尖り、表面は無毛。葉縁には不規則に鋭い鋸歯がある。





生育期

葉は薄く、柔らかい。茎や葉に毛はほとんどなく、水気が多い。




成植物

茎は稜があり、旺盛に分枝して枝を横に広げる。茎の上部にある葉は幅が狭い。

葉腋に一つずつ花がつく。花冠は淡い黄色で五角形。内面中央が褐色を帯びることもある。




花後に成長した萼が果実を包む。脈は褐色を帯び、長さ2.5~3cm。

発芽適温が高いので中耕後も出芽し、収穫期までに開花、結実する。

果実は多汁質で、大豆の収穫子実に混入すると汚損粒の原因となる。

BASFの大豆除草剤 殺草スペクトラム

この雑草への効果

◎:極大

〇:大

△:中

×:なし

この雑草へのおすすめの防除体系