イメージ画像
イメージ画像

Soy Channel

大豆畑の主な雑草

ホーム | 大豆畑の主な雑草 | マメアサガオ

大豆畑の主な雑草

マメアサガオ

科:ヒルガオ科

分布: 本州以南

生活史: 一年生

繁殖: 種子

幼植物

子葉は深く切れ込み、漢字の「八(はち)」の字型に外側に開く。葉身は広卵形で、先は細長く尖る。

生育期

大豆に絡みつくマメアサガオ。葉身の基部の切れ込みは浅め、縁は紫色を帯びることがある。

成植物

茎はつるとなり他物に絡みつく。花柄は葉柄より短い。生育後期の葉身は3裂することがある。

花序

一つの花序に花が1、2個つく。花冠は径約1.5cm、白色が多いが、淡紅紫色のタイプもある。

北アメリカ原産の強害草。

大豆に絡み付き、収穫作業の妨げや減収を招く。

ホシアサガオに似るが、子葉の切れ込み、花柄の長さの違いで識別できる。

BASFの大豆除草剤 殺草スペクトラム

この雑草への効果

◎:極大

〇:大

△:中

×:なし

この雑草へのおすすめの防除体系

散布薬剤についての解説はこちら